即日退職の方法│転職・就職

副業が会社にバレる可能性

副業が会社にバレる理由

 

基本的に副業がバレるのには大きく分けて二つの理由がある。

 

@.副業としてアルバイトをしていた時に、本業の会社の人間と会ってしまい物理的に副業がバレる。

 

これは当たり前のことだが、会ってしまえばばれるので、バイトをする際には気をつけること。

 

A.住民税の問題

 

確定申告をした場合、所得税については、副業から得た収入から所得税を計算して払えば問題はない。

 

しかし、住民税の場合はそうもいかない。

 

住民税は前年所得の総額によって決まる。

 

つまり本業と副業の収入を合算した金額を元に計算され、市町村を経由して勤務先に連絡されるのだ。

 

その際に会社の経理に住民税の金額がおかしいと気づかれてしまうという場合がある。

 

こういった理由で副業が会社にバレてしまうというケースが多い。

 

 

会社にバレてしまったらどうなる?

 

これは各会社の就業規則によるので一概には言えない。

 

私の友人などは株をやっていて、会社にもバレたが本業に差し支えないとして許可されたというケースもある。

 

逆に深夜に水商売系のアルバイトを行っていたのが原因で解雇されたという事例もある。

 

本業に差し支えない程度の副業であれば、就業規則で禁止されている場合であっても許可が下りる可能性が高いので、バレた場合は素直にその旨を説明するべきだ。

 

私は以前病院で働いていたのだが、看護師が副業を行っているケースが多く、暗黙の了解になっていた。

 

実際、私の上司二人も副業をしていたので、職場によってはかなり緩い場合もある。




スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 退職の基礎知識 副業を始めるには? 即日退職は可能? 転職サイト一覧