即日退職の方法│転職・就職

即日退社は可能なのか?

即日退職〜即日退職・即日退社は可能なのか?

「明日から仕事行きたくない」

 

「仕事早く辞めたい」

 

と思っても会社を辞めるのはなかなか勇気がいるもの。

 

実際に即日(次の日)で退職することは可能なのだろうか?

 

即日で退職することは可能?

法律上、即日退職はできない!!

法律上、明日仕事を辞めたいと思っても急に辞めることは法律上認められていないというのが現状。

 

退職を告げてから、実際に退職するまでの期間については労働基準法に定められていないため、民法を優先させて考えるのが一般的。

 

退職に関しては民法627条で定めれている。

 

民法第627条第1項(日給、日給月給、時給制)
「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」

 

となっているため、実質退職を申し出てから2週間の期間を要することになる。

 

ちなみにこの法律は、一般的な正社員(日給、日給月給、時給制)にあてはまるもので、派遣や契約社員などの雇用期間に定めのある場合はあてはまらない。年俸制なども同様にあてはまらない。

 

ただし、双方の同意があれば退職は認められる場合も。

 

一方的に労働契約の解除(退職)を労働者が求めた場合に会社側が認めてさえくれれば、退職は可能になる。

 

退職の方法に関わらず、会社側にはそれまでに働いた分の給料は支払う義務があるが、退職金などは減額される恐れがあるので突発的に会社を辞めることはおススメできない。

 

ただし、条件がそろっていれば、数日準備するだけで即日退職・即日退社は可能だ。

 

それが有給を使って即日退職する方法だ。

 

もちろん有給がない人には難しいのだが。

 

その方法はこちらで紹介しているので、できるだけすぐに辞めたいと思う人は一度目を通すことをお勧めする。

 

 

有給を使って即日退職する方法はこちら▼

 

有給を使うことができれば、即日退社・即日退職可能?

 

有給を確実に使用し、即日退職・即日退社するには?




スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 退職の基礎知識 副業を始めるには? 即日退職は可能? 転職サイト一覧