即日退職の方法│転職・就職

雇用保険についてA

退職・手続き【雇用保険・失業給付計算】

雇用保険が下りるとして、どのくらいもらえるのか?と一番気になる部分について説明しよう。

 

失業した場合の給付金の額は加入期間、年齢によって大きく異なる。

 

失業給付金の計算方法

 

@退職前6カ月間の給料の合計(ボーナスは除く)÷180=賃金日額

 

A基本手当日額=賃金日額の60〜80%

 

Bもらえる基本手当の総額=基本手当日額×所定給付日数

 

このように計算するのだが、なかなかややこしいと思うので詳しく説明していく。

 

要は会社からもらっていた給料を1日当たりの平均額に換算(これを賃金日額)した額の6〜8割が支給されるということだ。

 

ちなみに、各種手当や残業代なども含め、各種保険代などを引く前の総収入額から計算する。

 

例 

 

20代 月の総支給額20万円の場合の失業給付金の計算方法

 

@200000×6カ月÷180=6666 ⇒これが賃金日額

 

A6666×60〜80% ⇒これが基本手当日額

 

この計算で行くと、基本手当日額が約4000〜5300円となる。

 

基本手当日額が4000円だった場合で、給付日数が90日とすると、

 

4000×90=360000万円となる。

 

つまり、36万円の失業給付金が手に入るというわけだ。

 

 

 

ちなみに賃金日額及び基本手当日額には下限と上限があり、以前の収入が低くてもある程度の金額は保障されている。

 




スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 退職の基礎知識 副業を始めるには? 即日退職は可能? 転職サイト一覧