即日退職の方法│転職・就職

即日退職・即日退社のリスク

即日退職・退社したときのリスク

即日退職・退社したときのリスク

 

損害賠償の可能性

恐らくこの退職方法を考えたときに一番恐怖に感じることだと思う。
しかし、実際に損害賠償の請求をすることなどないと言ってい良い。
訴訟を起こすのには時間と労力を要するし、損害賠償を請求するには確実な証拠が必要になるためだ。
時間と労力を使うためには、当然訴訟を起こす側の人件費諸々かかってしまうため、実際には労働者がどのような辞め方をしても泣き寝入りするしかない。
余程のことがない限り、損害培養はないと考えていい。

 

自己都合退職になる

自己都合退職の場合、雇用保険が4カ月以上先にしか下りない。

 

そして退職金が減額になる可能性が高い。ただ退職金の規則は社内規定に準じるので一概にはいえない。

 

その後の人間関係

即日退職などの一般的には非常識な辞め方をすれば、ほとんどの場合辞めた会社の人とは縁を切ることになるだろう。

 

私の経験上だが、即日退職する以前から仲の良かった人だけには伝えていたので、未だに交流が続いている人もいる。

 

ただ、その会社の上司などには2度と会いたくないと思うので、職場の近くには無意識に近づかないようにはしている。

 

恐らく町で見つけてしまったら、全速力で逃げると思う。

 

転職に影響する可能性

もし転職先が以前の職場を詮索した場合、この退職方法を取ったとバレれば間違いなく受からないだろう。

 

これも考えられる要素だが、最近では以前の職場の情報を聞き出すのは違法となっているのでほとんどないと言ってもいいが
リスクとしては十分考えられる。

 

一般の企業であればそこまで気にすることはないかもしれないが、専門職などの場合、噂が回る可能性は否定できない。




スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 退職の基礎知識 副業を始めるには? 即日退職は可能? 転職サイト一覧